FLASHFORGE LCD 光造形 3Dプリンター Foto 13.3(フォト13.3)(日本総代理店)【予約販売】

型番 FFT-133
販売価格 330,000円(税込363,000円)
ポイント 3630pt (1%)
購入数

※予約販売のため、発送は発売開始後になります。(2021年9月以降発売予定)
予定が変更となる場合もございますので、ご了承ください。
仕様
メーカー FLASHFORGE
モデル名 Foto13.3(フォト13.3)
型番 FFT-133
メーカー保証 2年
本体素材 金属・樹脂
プリント方式 光造形方式(LCD)
本体サイズ W380 x D380 x H685mm
プリント最大サイズ W292 x D165 x H400mm
積層ピッチ 0.05〜0.15mm
タッチパネル 4.5インチフルカラー
XY軸精度 0.076mm
プリント速度 10-30mm/h
動作環境 温度15〜30℃、湿度20〜70%
光源 405nm
電源 AC100-240V、 50/60Hz、150W
LCDパネル 4Kモノクロ
スライサー FlashDLPrint
Z軸 ボールねじ、デュアルリニアガイド
対応データ形式 stl、obj、3mf、slc、fpp、fdp、fpp、fdg、svgx
プラットフォーム サンドブラストプラットフォーム
PCシステム環境 Windows 10、 macOS、 Linux
レジントレイ 1.8L
通信方式 イーサネット、USBメモリ
レジン スタンダード、水洗い、ABSライク
付属品 レジン1L、電源ケーブル、クイックスタートガイド、金属スクレーパー、
プラスチックスクレーパー、ブラシ、ゴム手袋、USBメモリ、
レンチセット、ピンセット、ダストクロス、フィルター、ニッパー
ソフトウェアユーザーガイド FlashDLPrint(日本語)
サポート 修理の流れとお申し込み方法
※日本語取扱説明書(マニュアル)と日本語ソフトは
FLASHFORGE JAPAN公式サイトよりダウンロードしてください。

Fotoシリーズ最大の造形サイズ

~LCD方式の光造形3DプリンターFoto13.3~

Foto 13.3

Foto13.3

光造形3Dプリンターは、造形サイズが小さくなるのが最大のデメリットで、
大型造形には向いていないと言われてきました。

しかし、光造形3DプリンターFoto13.3はFotoシリーズ最⼤の造形サイズとなり、
⼤型造形もできる仕様となりました。

「Foto13.3」の4つの特徴
・大容量ビルドボリューム
・高解像度な造形が可能
・レジンタンクに目盛り搭載
・定着しやすくなったプラットフォーム

YouTube動画

  • 水平出し方法
  • FEPフィルム交換方法
  • LCDパネル交換方法

大容量ビルドボリューム

Foto 8.9の最大造形サイズが幅192 x 奥行120 x 高さ200mmに対して、
Foto13.3は幅292 x 奥行165 x 高さ400mmと、造形サイズが拡大したため、
大型の造形物を作成できるようになりました。

高解像度な造形が可能

LCDパネルに4Kモノクロパネルを採用し、Z軸には工業用レベルのデュアルリニアガイドとボールねじを採用。
また、カップリングによってミスアライメントを吸収し、動作の安定性が向上しました。その結果、高解像度な造形物を作成できるようになりました。

定着しやすくなったプラットフォーム

プラットフォームは付着⼒を⾼めるため、サンドブラスト加工をしています。
そのため、造形物がより定着し、印刷時の落下を防ぎます。

レジントレイに目盛り搭載

レジントレイの中に⽬盛りがあるため、レジンを投⼊する際の⽬安となります。
⽬盛りに合わせてレジンを⼊れることで、印刷時に溢れ出す⼼配がなくなります。